探偵

妻の浮気相談・慰謝料証拠集めおすすめ探偵

 

 

 

 

 

 

 

探偵や興信所といった調査業を始めるときは、特殊な免許資格は不要です。
そのかわり、探偵業の適正化のために作られたいわゆる「探偵業法」によって、探偵の業務を開始する「前日」までに警察署に行き、公安委員会に届け出書を提出し、「探偵業届出証明書」を交付してもらい、許認可を出してもらうことが不可欠です。

 

 

これがないか見せるのを渋るようなら怪しい業者ということです。興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、相応の支出は覚悟しておきましょう。
だいたいの費用ですが、不倫の調査などで1週間で30万弱、4、5日なら20万ぐらいを見込んでおくといいと思います。時間(日数)や調査の内容によって料金は増減がありますから、どんな調査でも50万から60万くらい用意しておけば充分だと思います。

 

探偵社の仕事を便利屋に頼めば安くつく。こう考えたあなた、それは大きな間違いです。この二つには大きな違いがあるので今一度ご理解いただきたいと思います。何でも屋とか便利屋と呼ばれる仕事は普通の会社と同じように始められますが、探偵業は個人であろうと法人であろうと、その地域の警察署を通して公安委員会に開業届や誓約書等を出し、正式な認可を受けるまでは開業できません。こうした手続きを踏んで、専門的な仕事をこなすのが探偵社です。まだ別れると決まったわけではないのだから浮気調査はどうかと迷う気持ちは、分からなくもありません。

 

 

 

ただ、この調査の時点では敢えて難しく考える必要は実際のところ、ないと思います。もし離婚するにしても、不倫カップルを別れさせるにしても、動かぬ証拠を握っておいたほうが、有利であることは間違いありません。自尊心で目を背けたり感情で気付かないふりをするなど、浮気された配偶者の反応は様々ですが、何らかのかたちで決着をつけたいと思ったら、探偵に相談するのがいいでしょう。

 

 

 

探偵社で働くには特別な資格は必要としません。その代わり、浮気調査ひとつとっても、現場で最大限の成果をあげるためには、慣熟したスキルというものが必要です。

 

そういった教育に配慮がないところでは、実務経験がほとんどないバイトが調査するなんていうのもあるそうですし、成果どころか不利益を生じる場合もあるので気をつけましょう。費用対効果があるプロフェッショナルが調査することが成果につながるのは言うまでもありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あきれた話なんですが、夫の浮気はまるで病気みたいです。まさかこんなに出てくるとは。入籍する前から相手も複数。常習だったんですね。
今さら知りたいとも思いませんが、浮気は男の甲斐性ですか。

 

それって妻もいるのに、無責任にも程があると思いませんか。
許したところで繰り返すでしょうし、一緒にいる意味がわからなくなったので、いいかげん別れるしかないでしょう。

 

興信所に調査を依頼するには、ひとまず電話をかけて話をしてみましょう。電話口での相談で相手の応対を見て、その上で詳細な話をするとなれば、事務所まで出向くことになります。

 

相談と打ち合わせ、調査内容や料金体系の説明が終わり、納得したら契約書にサインして、実地での調査が始まるでしょう。

 

 

自分と調査相手の情報を伝えなければ、探偵に不倫調査をしてもらうことは不可能ですから、誠実な会社に頼むべきです。
安いからと、アルバイト調査員がいるような会社に依頼したら、調査能力はおろかプロ意識もイマイチで満足のいく結果が出なかったり、金銭トラブルとなる危険性も考えなければいけません。

 

困ったことにならないためにも、依頼前に情報収集を行い、信頼できる会社を選ぶようにしましょう。

 

興信所といっても、知らない会社に相談するのは怖いという方もいらっしゃるでしょう。
話を聞いてもらうときに本名を名乗るのが不安なら、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれる会社もあるので、まずそのサービスを利用して話を聞いてもらい、手応えが良い感じであれば、そこで自分や対象の個人情報などを明かすといいでしょう。
探偵業者にかかる費用には幅があって、追加費用を加算したりして高額な請求を行っている場合もあるようです。
しかし、高いなりに素晴らしい仕事をしてくれるだろうかと問われれば、一概に釣り合っているとは言えません。せっかく時間とお金を費やしておきながら、決定的な不倫の証拠をゲットすることができなかったという結末にならないためには、契約前に調査費用の平均値ぐらいはおさらいしておくべきですね。特別な資格が要らないなら便利屋でも探偵でも同じと言っている人のブログを見たことがありますが、この二者にははっきりとした法制度上の違いがあるんですよ。

 

 

 

便利屋でしたら無届けでも開業できますが、興信所や探偵社のほうは、所管の公安委員会あてに、探偵業法に則って開業届や誓約書等を出し、探偵業開始の認可を受ける必要があります。
こうした手続きを踏んで、大事な個人情報を扱えるのが探偵社なのです。
旦那さんの不倫って奥さんにも原因がある気がします。

 

 

 

気をつけるべきなのは、自分にとって大事な人のことを、けして否定しないことです。私だって我侭も言いますが、引き際が肝心。相手の気持ちを傷つけたり言い合いになるようなことは言いません。
それに、相手の収入や仕事をおとしめるような発言も慎むようにしています。

 

 

 

一家の主である彼を第一に考え、外見にも気を遣い、いわゆる女子力を常にブラッシュアップしておけば、心が離れることもなく、浮気もないように思います。どの興信所に依頼したら良いか分からない時は、調査対象となる人が住んでいる地域の会社の中から探しましょう。
細かな土地勘があればあるほど、詳細な調査ができますし、克明な報告を得ることができるでしょう。また、依頼する案件によって得意なこととそうでないこととがありますし、オフィシャルサイトや業者に電話確認してみることも大切です。

 

パートナーに浮気され裏切られた人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。

 

 

 

経験値の高いプロに相談することで、いままでのダメージから立ち直っていくことができるでしょう。不倫という許しがたい理由で別れたあとも人間不信を引きずってしまい、人生に希望を見いだせなくなるという例も多いです。また、離婚ばかりではなく、配偶者との関係を再構築する際にも、カウンセリングは相談はもちろん緩衝材としても良い効果を発揮します。

 

 

ほんの出来心であろうと、自らがした不倫の償いは、高くて当然です。まず、不倫で取り残された配偶者がどのような対処をとるかで変わってくるとは思いますが、結果的に離婚せざるを得なくなったり、養育費や慰謝料の支払いが生じたりもします。不倫なんていうものは、露見してしまえば高い賠償を払って償っていかなければいけません。想像がつくかもしれませんが、探偵業で依頼される調査のほぼ8割は、浮気の追跡調査です。
とりあえず、調査員がどのように浮気調査を行っているのかを取り上げてみました。
調査方法の基本としては、依頼人から提供された対象情報を参考に追跡します。いわゆる「尾行」です。

 

 

四六時中尾行しても気づかれるリスクが高く無駄骨なので、あきらかにクロかグレーの日に狙いを定め、不貞行為の証拠を入手します。

 

不倫調査を興信所に依頼する際は、調査対象の行動範囲や時間的パターンなど詳しい情報を伝えるほうが時間もコストも削減できます。全部が全部、調査員にまかせてしまうと、不倫の裏付けをとるために手間ひまかけてやらなくてはなりません。側にいるからこそ気付くことは大いにあるはずですし、冷静に観察に励み、記録に残しておくのはいかがでしょうか。配偶者の浮気を興信所に調査してもらうときは、最終的に何を目的にしていて、どうしたいかをはっきり伝えることが非常に大事です。

 

 

パートナーの不倫に歯止めをかければ済むのか、確たる証拠を掴んで離婚したい(裁判も考慮)などは依頼者本人が決め、調査員にしっかり伝えることです。

 

 

 

何を目標にするかによって調査員の仕事内容も変わるわけですから、大事なことです。不倫相手の奥さんが慰謝料の請求を内容証明郵便で送ってくることは浮気の場合、当然ありえることです。

 

気になるのがその金額ですが、先方が離婚するかどうかで大きな違いがあります。
仮に離婚せずに多額の慰謝料を請求してきたときは、弁護士に連絡し、妥当性の有無や今後のことを教えてもらうほうが良いでしょう。

 

 

不倫行為が露見した場合、必ずというわけではありませんが、慰謝料が発生すると思っていいでしょう。

 

浮気の証拠を提示されてしまえば、本当に潔白でもない限り、逃れることはできません。

 

請求額は概ね、2ケタ万円から3ケタ万円と大きな違いがあるようです。支払いが無理そうなら、分割期間の変更や減額を頼んでみることもできます。

 

 

 

探偵業といえど競争があるのは事実で、格安価格を売り物にしたり、均一価格でOKという会社もしばしば目にするようになりました。ただ、状況に応じて追加料金が必要な例もあるので、契約する前に、そういった疑問点を解消し、請求トラブルにならないようにしましょう。
質問への答え方で会社の信頼度もわかると思いますよ。
略奪婚は、けして幸せにはなれないと言われています。実際そうでしょうね。

 

 

もともと我が身のために、ある家庭から平穏、幸福、配偶者を奪い取ったりしたら、うまく結婚したところで、自分たちの事情がいつかはばれるのではと怯えて生きていかなければいけないでしょう。

 

 

 

略奪婚の末に入籍までこぎつけても、「この相手なら再々やりかねない」と思ってしまいますし、内心の重圧で堪らないのではないでしょうか。
依頼をうけた探偵社が実際に浮気調査をする際は、刑事ドラマで「あるある」みたいな方法で探索を行うこともあります。

 

 

相手の尾行はお手のものですし、張り込みもします。
交友関係を絞っていき、時にはそれらの人たちに聞き取りをするため、常識的かつ謙虚な態度も必須です。また、社外秘としてクライアントでさえ知ることができない調査方法もあるとも言われています。興信所を利用するにはお金がなければダメということはありません。いくつかの大手探偵社の場合、支払いはクレジットカードでもOKです。
利用明細にはそれとわからないような表記を採用している会社も少なくないので、調査対象である配偶者にバレる心配も要らないでしょう。
クレカで支払いができるようにするためには会社としての実績も必要ですから、信頼度のちょっとした目安にもなると思いますよ。
パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、浮気の証拠をしっかり掴んで、慰謝料としてある程度の金額を請求するのが、よく効くようです。
不倫の相手のほうではあまり深く考えていないケースも多いですから、配偶者として正当な慰謝料を請求することで、自分たちがしでかしたことの償いをさせることができるのなら、ぜひやってみるべきです。不倫と浮気は同じように会話の中では使われますが、実は違いがあります。厳密に言うと不倫は、双方か片方に配偶者がいて、それなのに肉体的な交渉がある場合をさします。

 

もし不倫が発覚した場合、不倫相手と配偶者に慰謝料を求めることができます。
怪しいと思ったら興信所や探偵を雇って不倫の裏付けをとってもらい、不倫行為への慰謝料を要求することで冷水を浴びせかけ、すっぱり手を切らせるといった使い方もあります。よく不毛だと言われる不倫ですが、結末も様々です。
不貞行為を責められた挙句、家族、親族、同僚などからそっぽを向かれたり、高額な慰謝料を要求される場合も当然あるでしょう。

 

 

表面上なにもなかったように過ごす夫婦もいれば、不倫から結婚に至る例もないわけではありません。

 

 

 

やっとの思いでゴタゴタを片付けても、不倫でハッピーエンドになることは求めてもムダというものでしょう。

 

浮気が判明したら、当事者双方に慰謝料の請求を行うことができます。
ただ、当人たちだけで話し合うと、それぞれに冷静さを欠いていることもあり、結論にたどり着く前に多大な労力を必要とします。
もめ方によっては訴訟になる可能性もあるので、そうなる前に弁護士にお願いして、なるべく円満な解決を目指すと負担も軽くなるというものです。

 

浮気調査を探偵に依頼したものの、あとになって追加で料金を請求されたという事例もあります。

 

 

 

契約書を見てみると、まともな会社であれば、別途料金を請求することについて記載されています。ですから、それをチェックすることは、トラブル防止に役立ちます。疑問に思ったり心配なことがあれば、契約を交わす前に今一度確認させてもらうことが重要ではないでしょうか。これから探偵を雇うつもりでいたら、平均的な価格を理解していないと、高い価格に悪徳業者だと誤解しかねません。

 

時間あたり1万円程度を想定していると確実です。

 

一般的に言えば「高い」と感じますよね。たとえば追跡調査の時間数や日数を増やしたりすると、支払いにはねかえってきますから、どれだけ費用がかけられるかあらかじめ考えておくようにしましょう。
素行調査や証拠集めなどを探偵に依頼するときは、探偵業務、興信所業務を行っている会社に頼むのがもっとも確実です。

 

 

 

質実ともに良い会社に調査をしてもらうには、少し手間をかけても複数の会社を比較することを強くおすすめします。

 

とくに、相場ぐらいは知っておきたいものです。法外な請求をしてくるような悪徳業者にはまらないようにするためには必要なことです。
懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会いは、なにげに不倫に進展する可能性が高いです。かつて好きだった人と気軽に喋れたり、元クラスメイトということで異性に対する警戒心が薄れ、居心地の良さや癒しを感じる人が多いそうです。

 

もし里帰りや同窓会、OB会などのあとに挙動が怪しいと感じるようなら、不倫か、その一歩手前にいるのかもしれません。

 

 

 

探偵社と興信所の違いはなにかと聞かれることがありますが、していることは同じだと考えていいでしょう。

 

離婚裁判などで配偶者の浮気を請求事由にするつもりなら、第三者にも浮気が分かるような証拠がどうしても必要です。裏付け取りに素人が手を出して、相手に警戒されてはまずいですし、きちんとした人材と機材を揃えた探偵事業者にやってもらえば、スムーズに離婚できると思います。
それに、慰謝料請求時にも有効です。

 

 

近年SNSの利用者が急増しているせいか、そこから浮気がバレるというパターンも多くなりました。
もし休日や夜間にもかかわらずSNSをやたらと更新するようになったら、普段から不倫の交際相手とコンタクトをとっていると考えてもおかしくはないでしょう。
配偶者の態度とSNSは不倫の有無を判断する好材料になるかもしれません。

 

 

ドラマの中で見かける通り、不倫の証拠写真といえば、ふたり連れ立ってラブホテルから出てくるシーンなどは、はずせないです。
個人でも良い機材があれば撮影できるかもしれませんが、繁華街のように明暗の差があるところでは、画像が不明瞭になることが多いです。ちゃんとした証拠として使えるような写真を得たいなら、その道のプロである探偵に依頼したほうが賢明でしょう。